弁護士挨拶

中山 達人
弁護士
中山 達人
Nakayama Tatsuhito

 川越で弁護士登録をして、その後独立し、この度川越元町法律事務所を設立することになりました。
 この川越の地で、多くの方の様々な需要にお応えするため、中山法律事務所の頃から一緒にやってきた弁護士と新しく加わった弁護士とともに、川越元町法律事務所として一歩を踏み出すこととなりました。
 弁護士の使命である、基本的人権の擁護と社会正義の実現といったことも大切ですが、目の前の一つ一つの事件に丁寧に取り組み、依頼者の方の抱える問題を解決し、その先の未来についてのアドバイスもしていければと考えております。
 皆様が気軽に相談できる法律事務所を目指しておりますので、いつでもお声がけください。


大塩 慧
弁護士
大塩 慧
Oshio Kei

 私は川越市内の法律事務所で、交通事故、相続、離婚、労働、刑事事件を中心に、幅広い経験を積んでまいりました。それらの業務に携わる中で、困難に直面している方の境遇に共感し、解決に向けて依頼者と共に一歩一歩進めることを心掛けてきました。また、あの悲惨な福島原発事故で埼玉県へ避難を余儀なくされた方々の被害回復活動・損害賠償訴訟にも力を入れて取り組んでまいりました。
 弁護士の社会的使命―基本的人権の擁護―を基本に据えながら、今後もご相談者に寄り添い、伴走者のように人生の新しい道を切り開くお手伝いが出来ればと思います。
 最後に、多くの方のご指導ご支援の下、新事務所開設を迎えることができましたことを心より感謝申し上げます。


井上 拓耶
弁護士
井上 拓耶
Inoue Takuya

 私が弁護士を目指した理由は、弁護士の一人もいない地域、いわゆる弁護士過疎地域で育ったからです。
 弁護士過疎地域では、法的トラブルに対する適切な法的援助を受けることができず、法的トラブルが悪化することが多くあります。私は、そのような現実を知り、少しでも多くの人に適切な法的援助を受けてもらえるよう弁護士を目指しました。
 確かに、弁護士が採れる手段にも限りがあり、相談すれば全ての問題が解決できる訳ではありませんが、早期のご相談ほど採りうる手段は多くなります。
 一人で悩むことは、法的トラブルを悪化させることにしかなりません。早期のご相談を心よりお待ちしています。


平 和浩
弁護士
平 和浩
Taira Kazuhiro

 私は、中学校まで野球をしており、小さい頃はプロ野球選手になるのが夢でした。特に巨人の川相選手のファンで堅実にバントを決める姿に憧れたものです。高校の頃は、外交官になり、発展途上国の支援をしたいと考えていました。大学は法学部に入学し、初めて法律というものを学ぶことになりました。そこで法律が、国にまつわることから私たちの身近な生活のことまであらゆる分野にかかわっており、誰にとっても非常に重要なことだということを実感しました。そして自分の将来を考えたときに、人助けのできる仕事に就きたいと考え、現在の仕事を選びました。
 初心を忘れず、これからも弁護士として皆さんの役に立てるよう業務に邁進していこうと思います。


中山 純子
弁護士
中山 純子
Nakayama Jyunko

 生活の中で「困ったな」と思ったとき、お医者さんに相談するように弁護士に相談してみよう。そんなホームドクターのような弁護士であろうと心がけてきました。 二人の子育てをしながらの業務であるため時間的な制約があり、時にはもどかしい思いをすることもあります。それでも、母親となった今、妻であり、親であることの難しさを痛感するからこそ、同じような立場の相談者様の気持ちに実感をもって寄り添い、次の一歩を踏み出すお手伝いをさせていただこうと思っています。
 法律がすべての問題を解決できるわけではありません。それでも、お一人で悩まれるよりは、僅かでも解決の糸口がつかめるかもしれません。「困ったな」「こんなときはどうしたらいいのかな」と感じたときは、どうぞお気軽にご相談にいらっしゃってください。

まずはお電話にてお気軽にお問合せください。049-299-5068に発信。受付時間 平日 9:00 - 18:00

〒350-0062
埼玉県川越市元町1丁目9番19
ご相談は予約制です。049-299-5068に発信。受付時間 平日 9:00 - 18:00